却下されずに、VISAを取得する為には。I-20、F1、H1、インターン

海外移住のためのVISA取得は特に重要です。国によって取得の難易度は違いますが、特にアメリカのビザは、取得が厳しく、一度却下されるとその後のアメリカ入国に響くといわれています。


学生ビザは比較的どの国も簡単に取得でき、留学中はI-20とF1ビザを所持していれば、安心して海外旅行へもいけます。

しかし、海外で働こうとするとそうはいきません。

アメリカは、H1ビザの取得が必要となり、発行数が制限されている為、スポンサーとなる企業を見つけても、抽選で落ちてしまうといったケースが頻繁に起きています。

その為、インターンという名目で入国し、働くという方法があります。

J1ビザを取得するということなのですが、これは12~18ヶ月までの期間となり、ビザが失効してしまいます。そのまま合法に勤務し続けたい場合は、H1ビザのスポンサーを見つけ、H1ビザを申請するしかありません。
すなわち、強いビザスポンサーを探し、その上で可能であれば抽選の確率をあげるべくSTEMなどの大学院を卒業することなどが、大事です。

投資家ビザや駐在員ビザなどもありますが、

条件も厳しく、計画的にキャリアやお金のやりくりを検討していない限りは難しいと考えていいでしょう。

そのため、外国人労働者にとってはこのビザ問題が非常に重要になってきます!今回はアメリカを例に取り上げましたが、他の国ではその国独自のルールがあるため、一概にいえないです。

アジア圏でのビザVISA取得

そう考えると、欧米(特にアメリカ)よりもアジア内でビザを取得し就労するほうが簡単だと言われています。アジアの中でもポイント制になってくるといわれているシンガポールでも、大学卒業後2年ほどの就労経験があれば、基本的には大丈夫かと思います。

まあもちろん全ての書類があっても、まれに面接の過程になって落ちてしまう方がいるということも聞きますが、ここに関してはときに寄っては理由がわからずビザ却下となってしまうことがあるそうです。。。

まあ基本的には、会社がスポンサーとなるため、就労ビザについては落ちるというのはあまり聞いたことがないので、大方大丈夫かと思います。

◆海外での大まかなVISAカテゴリー(例 アメリカ)

非移民ビザ (観光や商用や就学などの目的のビザ)
移民ビザ(移民を目的としたビザ)
婚約者ビザ(婚約に際し取得をするビザ)

外交/公用ビザ(A-1~3ビザ)
商用/観光ビザ(B-1/B-2ビザ)
通過ビザ(C1~C3ビザ):第三国へ渡航するためにアメリカを通過(トランジット)する方が取得
クルー乗務員ビザ(Dビザ)
貿易・投資駐在員ビザ(E1~3ビザ)
学生ビザ(F1ビザ/F2ビザ)
国際機関関係者(G1~G5ビザ)
現地採用職能者ビザ(Hビザ)
報道関係者(Iビザ)
交流訪問者ビザ(J-1ビザ)
婚約者ビザ(Kビザ)
同系列企業内転勤者(L1~L2ビザ)
職業訓練生(専門学校)(M1~M2ビザ)
北大西洋条約機構(NATO)関係者(Nビザ)
特別技能者・活動補助者(Oビザ)
スポーツ選手・芸能人・芸術家(P1~P4ビザ)
国際文化交流訪問者(Q1ビザ)
宗教活動家ビザ(Rビザ)
人身売買被害者(Tビザ)
犯罪行為被害者(Uビザ)

Marinature Newsletter♡

My Essentials

Leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です